しみを増やさない為の正しい日焼け止め選びとは?

しみを増やさない為の正しい日焼け止め選びとは?

しみを増やさない為の正しい日焼け止め選びとは?

ニキビやしわやたるみ等…様々な肌トラブルがありますが、特にしみはそんな数ある肌トラブルの中でも悩んでいる人は多いのではないでしょうか。出来てしまったしみを薄くしたり目立たなくする等の対策を行うのもとても大切ですが、同時にこれ以上新たなしみを増やさないようにする事も非常に重要です。

 

 

その為には日焼け止めを正しく選ぶ必要があります。

 

 

しみが出来る大きな原因の1つが紫外線です。しみは紫外線を浴びてすぐに出来るものでは無く、ずっと以前に浴びた紫外線ダメージが肌の奥で蓄積し、その後しみとなって肌の表面に現れるのです。例えば今は日傘や帽子等できちんと紫外線対策をしていたとしても、若い頃にじゃんじゃん紫外線を浴びていたら、その時の紫外線ダメージが加齢と共に今になって現れてしまうのです。

 

 

一定の期間肌の奥で眠っていて、ある日突然表に現れると言う…何とも厄介な存在のしみは、残念ながら過去に浴びたダメージを完全に無かったものには出来ません。でもこれから対策する事によって、新たなしみを防ぐ事は可能です。その対策とは、日焼け止めを正しく選び継続して塗布すると言う事です。

 

 

紫外線は何も晴れている時だけ降り注いでいる訳ではありません。実際は太陽が出ていない曇りの時でも降り注いでいます。そして紫外線の種類によっては春夏だけで無く、一年中降り注いでいるものもあるので、日焼け止めも一年を通して塗り続ける必要があります。

 

 

紫外線には大きく分けてA波とB波と言う二つのタイプに分かれ、それぞれ肌に与える影響に違いがあります。A波は肌の奥にある真皮まで到達し、元々肌に存在しているコラーゲンを破壊します。その結果、シワやたるみの原因となり肌全体の老化に繋がります。B波は表皮と呼ばれる真皮より上の部分に影響を与えます。そしてメラニンの生成を促進し、その結果しみが増える原因となります。

 

 

日焼け止めにはSPF値とPA値と言うものがありますが、主に紫外線B波の防止効果を表すものがSPF値、A波の防止効果を表すのがPA値で、どちらも数値が大きい程高い効果を発揮します。効果が高い程将来しみが出来る可能性が低くなるので、SPF値が30?50でPA値は最大値である++++(フォープラス)の日焼け止めを一年を通して使用すると良いでしょう。特に紫外線A波は、秋冬に量が減るB波に比べて変わらず安定して降り注ぐ紫外線なので、PA値が最大の日焼け止めを選ぶ事が大切です。更にA波はガラスを透過しやすい性質があるので、室内の窓の側にいる場合や車の運転中でも紫外線対策は必須になります。

 

 

外に比べて屋根で日射しを遮る事の出来る屋内や車の中でも紫外線の影響がある事をしっかり踏まえ、効果の高い日焼け止めを正しく選んで一年を通して塗布する事が新たに出来るしみを防ぐ事に繋がるので、美肌の為にもしっかり対策を行う事をお勧めします。